Free朝のニュースダイジェスト(11月19日)

【新型コロナ対策など100億円 青森県補正予算案】
 青森県は18日、新型コロナウイルス感染症対策関連経費など100億4863万円を盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案を発表した。

 【ナマコ種苗を初出荷/階上】
 青森県栽培漁業振興協会は18日、2021年度の稚ナマコ放流事業の第1弾として、階上町の同協会本所で育てた種苗4万6500個を津軽地方の5機関に出荷した。

 【青森県、パートナーシップ制度導入検討】
 青森県は18日、トランスジェンダーなど性的少数者のカップルを、結婚に相当する関係として認める「パートナーシップ制度」について、導入する方向で検討を進めていると明らかにした。

 【原油高などに懸念の声 青森県中小企業団体】
 青森県中小企業団体中央会の情報連絡員会議が18日、青森市で開かれ、原油の高値や新型コロナウイルスによる木材価格の高騰が事業活動に与える影響を懸念する声が相次いだ。

 【現職成田氏が出馬表明/おいらせ町長選】
 任期満了に伴うおいらせ町長選(来年2月22日告示、同27日投開票)で、現職の成田隆氏(70)は18日、通算3選を目指して出馬すると表明した。出馬表明は成田氏が初めて。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録