多数傷病者にどう対応? 十和田湖消防署で訓練

事故対応訓練で傷病者の容態を確認する隊員ら
事故対応訓練で傷病者の容態を確認する隊員ら
十和田消防本部(寺地充宏消防長)は9日、十和田湖消防署で、大規模な事故を想定した多数傷病者対応訓練を実施した。事前に事故の想定を伝えずに行われ、管内の各消防署から参加した隊員64人が、現場と関係機関との連携を確認した。 乗用車が十和田市の公.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録