日米、鉄鋼関税見直しへ 半導体、5Gで協力強化 対中連携、協議開始合意

 米国による鉄鋼追加関税を巡る構図
 米国による鉄鋼追加関税を巡る構図
日米両政府は15日、米国が日本から輸入する鉄鋼やアルミニウムに課している追加関税の見直しに向け、協議を開始することで合意した。半導体や第5世代(5G)移動通信システムなどのサプライチェーン(供給網)構築や先端技術開発の協力体制強化を話し合う.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録