【ワッツ-名古屋】反則かさみ大量失点 積極的な守り裏目に

青森は地区の首位を走る強敵に力の差を見せつけられて痛恨の7連敗。堀田剛司ヘッドコーチは「立ち上がりは良かったが…」と肩を落とした。 序盤は積極的にプレッシャーをかける守りが奏功し、1点差で第1クオーター(Q)を終える「作戦通りの展開」だった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録