八食でサケ解体ショーを見学 マリエント「ちきゅう」たんけんクラブ

解体後のサケに触れながらじっくりと観察する子どもたち
解体後のサケに触れながらじっくりと観察する子どもたち
八戸市水産科学館マリエント(吉井仁美館長)が運営する、マリエント「ちきゅう」たんけんクラブは7日、同市の八食センターで「水産市場の大研究」を開いた。会員らがサケの解体ショーを見学し、仕組みを学んだ。 海産物や水産業への理解を深めてもらおうと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録