時評(11月14日)

八戸市が番町地区に建設を進めていた新たな市美術館がオープンした。旧美術館の老朽化に伴い生まれ変わった施設は、市民の文化・芸術活動の拠点となるだけでなく、地盤沈下が進行する中心街の活性化に果たす役割も大きい。 新美術館は地上3階建て、延べ床面.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録