鹿児島で鳥インフル 秋田に続き今季2県目

 鹿児島県庁で宮崎雅夫農水政務官(手前左から3人目)と会談する塩田康一知事(左端)=13日午前
 鹿児島県庁で宮崎雅夫農水政務官(手前左から3人目)と会談する塩田康一知事(左端)=13日午前
鹿児島県は13日、出水市の養鶏場で多数の鶏の死骸が見つかり、遺伝子検査の結果、H5型の高病原性鳥インフルエンザの陽性が確認されたと発表した。飼育する採卵鶏約3万8500羽の殺処分を始めた。国が確定検査を進める。養鶏場での鳥インフルの発生は九.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録