Freeカヌー満喫 ごみ回収し湖きれいに 十和田湖ガイドハウス櫂がツアー企画

カヌーを楽しみながらごみ拾いをする参加者
カヌーを楽しみながらごみ拾いをする参加者

自然体験ツアーを企画する十和田湖ガイドハウス櫂(かい)(太田勝男社長)は6日、十和田市奥瀬の市営宇樽部キャンプ場で、ごみ拾いを兼ねたカヌーツアーとプラスチックごみに関する学習会を開いた。青森県内外から集まった参加者が、ごみ削減について学びながら、十和田湖の水面を進む爽快感や眺めを味わった。

 ツアーは同社カヌー塾のこぎ納めイベントで、塾生が主な対象。プラスチックごみ削減の普及啓発をする学習会は、県の補助金を活用した。

 カヌー愛好家16人が参加。学習会では県職員の解説で、海に流出するごみの現状や県の「あおもりプラごみゼロ宣言」について学んだ。

 続くツアーでは、参加者たちがカヌーに乗って十和田湖へ出発。パドルを操作して湖上を滑らかに進み、岸辺に流れ着いたごみを回収しながら、雄大な自然の中でゆったりとした時間を過ごした。

 神奈川県から参加した会社員村松繭美さん(55)は「湖上では空が広く感じられる。2年ぶりに十和田湖に来たが、ごみもほとんどなく美しかった」と話した。同市内に住む息子の優樹さん(22)は「静かな環境でカヌーを動かすのは楽しい。プラごみをきちんと分別しなくてはと考えた」と振り返った。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録