【新型コロナ】最大で405病床確保 青森県、第6波見据え方針

青森県は12日、新型コロナウイルスの流行「第6波」に備えた新たな医療提供体制の確保計画を発表した。感染拡大ピーク時の入院患者数を最大281人と見込み、最大で病床405床の確保を目指すほか、八戸市などへの臨時医療施設の設置も検討している。 新.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録