天鐘(11月13日)

「東洋のガラパゴス」といえば小笠原諸島。東京から南に千キロ、大小30余の島々が連なる楽園である。一度も大陸とつながったことがなく、生態系が独自に進化。固有種も多いが、中には絶滅した生き物もいる▼「オガサワラマシコ」。雄の顔の辺りが赤く、名前.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録