【県立高校再編】「結論ありき」否めず 住民の理解得られたか

青森県教委が12日策定した県立高校再編第2期実施計画。住民の反対意見が根強かった大湊とむつ工業の統合など、計画の根幹となる学校規模・配置は当初案から変わることはなかった。県教委は県内6地区で追加分を含め計11回の地区懇談会を行い、「丁寧に考.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録