Free朝のニュースダイジェスト(11月13日)

【経営統合へ最終契約】
 24年4月の合併を目指す青森銀行とみちのく銀行は12日、経営統合の最終契約を締結したと正式発表。22年4月1日に持ち株会社「プロクレアホールディングス」を設立し、両行が傘下に入る。

 【長沢さん(十和工)が最優秀賞】
 青森県高校総合文化祭美術部門は12日、県立美術館で展示が始まった。審査の結果、長沢来美圭さん(十和田工)の「青朽葉」などが最優秀賞に輝いた。

 【軽米尊坊ソーラー発電所竣工】
 軽米町小軽米地区のメガソーラー「軽米尊坊ソーラー発電所」が完成。出力約4万800キロワット、年間発電量約4714万キロワット時。12日、町内で竣工式が行われた。

 【景気判断を据え置き】
 日本銀行青森支店は12日、青森県内の金融経済概況(同日時点)を発表。県内の景気について「持ち直しの動きも一服している」と判断を据え置いた。

 【種市南など3漁協が合併仮契約に調印】
 洋野町の種市南、戸類家、玉川浜の3漁協は12日、合併に向けた仮契約書に調印。各漁協の臨時総会で承認が得られれば、来年4月1日に種市南がほか2漁協を吸収合併する。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録