【ワッツ-山形】勝負所で守備にほころび

接戦を落とし、5連敗を喫した青森。堀田剛司ヘッドコーチは「勝てた試合だった」と悔しさをにじませた。 失点を60点台に抑え、ロースコアゲームに持ち込む、作戦通りの展開のはずだった。だが、勝負所で守りにほころびが出た。ドリブルする相手選手が、ボ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録