青森リンゴ、栽培「密」で収穫増 人手不足に新手法

 樹木の間隔を大幅に狭めて育てる「高密植わい化栽培」を取り入れ、リンゴの木がびっしりと並ぶ農地=9月、青森市
 樹木の間隔を大幅に狭めて育てる「高密植わい化栽培」を取り入れ、リンゴの木がびっしりと並ぶ農地=9月、青森市
リンゴの一大生産地・青森県で、樹木の間隔を大幅に狭め「密」状態にして育てる新手法「高密植わい化栽培」を取り入れる動きが広がっている。農家の高齢化が進み人手不足が深刻となる中、作業の無駄を省き収穫を増やす取り組みだ。関係者は「生産性が高く『稼.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録