天鐘(11月9日)

中学の理科の実験で「水の電気分解」があった。遠い昔の記憶だが、ビーカーの水に“ある装置”で電流を流すと酸素と水素が生成され、火を近づけると酸素は赤々と燃え上がり、水素はいきなり「パンッ」と爆発した▼無尽蔵にある水にちょっぴり手を加えただけで.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録