ワクチン効果見据え改定 緊急事態宣言の新指標 目安曖昧、自治体戸惑いも

 新指標を巡る政府分科会や関係者の声
 新指標を巡る政府分科会や関係者の声
政府は、新型コロナウイルス感染症対策分科会で、緊急事態宣言の発出に関する新たな指標を策定した。ワクチンが普及する中、重症化を減らす効果を見据え、主に病床の逼迫(ひっぱく)度合いなど各地の実情に応じて5段階で状況を判断する。宣言の目安の改定に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録