Free朝のニュースダイジェスト(11月9日)

【旧南鉄「DC351」搬入は来春以降に】
 五戸町は8日、加悦SL広場(京都府)に保管中の旧南部鉄道のディーゼル機関車「DC351」の搬入時期について、来年4月以降になるとの見通しを明らかにした。

 【新経産相「サイクル政策は堅持」】
 萩生田光一経済産業相は8日、青森県庁で三村申吾知事と会談し、核燃料サイクル政策について「基本方針に変わりはなく、引き続き堅持していく」と推進を強調した。

 【青森県産酒消費拡大へキャンペーン】
 新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込む青森県産酒の消費拡大を後押ししようと、県は12日から来年1月31日まで「県産酒を買って贈って応援キャンペーン」を展開する。

 【三沢に再び200キロ超ホンマグロ】
 三沢漁港に8日、重さ216キロのホンマグロが水揚げされた。同港では9月30日にも、重さ260キロのマグロが揚がっており、再びの大物にハマはにぎわった。

 【「わさお」記念像完成】
 「ブサカワ犬」として人気を集め、昨年6月に息を引き取った鯵ケ沢町の秋田犬「わさお」の記念像が同町の海の駅わんど駐車場に完成し、8日、除幕式が行われた。

お気に入り登録