時評(11月4日)

新型コロナウイルス感染が減る中、衆院選は終わった。対策で2年近く「失態」を重ねた政府・与党には絶好のタイミングだったが、新規感染者の激減が下げ止まりに近づき、「第6波」への備えを急ぐ時を迎えた。流行抑制に効くワクチン接種を今後どうするかが鍵.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録