【連載・新時代へ】(下)地元政界の行方/八戸市長選・衆院選

【写真左】市民に声を掛ける田名部匡代氏(右)と高畑紀子氏【写真右】有権者に神田潤一氏(左)を紹介する大島理森氏=10月28日、八戸市
【写真左】市民に声を掛ける田名部匡代氏(右)と高畑紀子氏【写真右】有権者に神田潤一氏(左)を紹介する大島理森氏=10月28日、八戸市
衆院議員12期の前衆院議長・大島理森が電撃引退を表明した8月12日以降、青森県政界は大きく動いた。衆院選青森2区で大島の後継となった自民党候補は、東大卒で元日本銀行職員の神田潤一。第2代八戸市長・神田重雄のひ孫に当たるが、地元政界ではほぼ無.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録