【ブレイズ―グリッツ】「情けない試合」巻き返し誓う

【ブレイズ―グリッツ】第1ピリオド、ブレイズは篠原亨太(手前)が攻め上がる=フラット八戸
【ブレイズ―グリッツ】第1ピリオド、ブレイズは篠原亨太(手前)が攻め上がる=フラット八戸
ブレイズの今季のホーム初勝利はお預けとなった。相手の倍近い45本のシュートを放ちながら決め手を欠き、チーム発足2年目の横浜にアジアリーグ初勝利を“献上”。試合終了後のブレイズメンバーは、歓喜に沸く横浜メンバーを横目に、がっくりとうなだれた。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録