【貨物船座礁】積み荷の撤去作業、12日に着手

八戸港沖の貨物船「クリムゾン ポラリス」(3万9910トン)が座礁し、油が流出した事故で、船主サイドは11日、沖合の船尾側周辺の海底に沈んでいる積み荷のウッドチップについて、12日から撤去作業に着手することを明らかにした。 船主の代理人弁護.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録