【ワッツ―西宮】駒沢、24得点に手応え

今季初勝利を目指してホーム開幕戦に臨んだ青森ワッツだったが、疲れの見え始めた後半に守りが乱れて悔しい逆転負け。前半は粘り強い守備を攻撃につなげてリードを奪う「プラン通りの展開だった」(堀田剛司ヘッドコーチ)だけに、悔しい敗戦となった。 第2.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録