ニューデリー、巨大空気清浄機で汚染対策 「無駄」批判も

 大気汚染でかすむ観光名所「インド門」=2020年10月、ニューデリー(共同)
 大気汚染でかすむ観光名所「インド門」=2020年10月、ニューデリー(共同)
大気汚染が深刻なインドの首都ニューデリーで「スモッグ・タワー」と呼ばれる巨大な空気清浄機を使って微小粒子状物質「PM2・5」などを取り除く実験が始まった。建設に2億ルピー(約3億円)を投じ、2年かけて有効性を調べる計画だが、専門家から「税金.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録