「奪った命、余さず使う」 エゾシカの毛でジーンズ

 エゾシカの毛を使った試作品のデニム生地を持つ及川洋社長(本人提供)
 エゾシカの毛を使った試作品のデニム生地を持つ及川洋社長(本人提供)
「奪った命を余さず使いたい」という北海道のハンターの思いに共感した宮城県気仙沼市のデニムメーカーが、獣害で駆除されたエゾシカの毛を使ったジーンズを開発中だ。これまで毛はほぼ使い道がなく、捨てられてきたが「自然界に無駄なものはない」と挑戦を決.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録