世界の10代、13%が心の病 ユニセフ報告、コロナ影響も

【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は4日、世界における10代の少年少女のうち少なくとも13%が、うつ病などの「心の病」と診断されていると推計する報告書を発表した。子どものメンタルヘルス(心の健康)に十分な関心が払われていないとして.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録