【衆院選】大島氏引退、好機に 野党戦略転換、戸惑いも

週末を中心に田名部匡代参院議員(左)と二人三脚で街頭をする高畑紀子氏=9月12日、東北町(写真上)自公政権からの転換を訴える共産党の田端深雪氏(左)と松田勝選対本部長=9月25日、八戸市(写真下)
週末を中心に田名部匡代参院議員(左)と二人三脚で街頭をする高畑紀子氏=9月12日、東北町(写真上)自公政権からの転換を訴える共産党の田端深雪氏(左)と松田勝選対本部長=9月25日、八戸市(写真下)
当選12回を誇る大島理森衆院議長の出馬が既定路線とみられていた衆院選青森2区。厚い支持基盤を持つ自民党重鎮が8月中旬に突如引退を表明した波紋は、野党側にも広がっている。選挙区の構図は新人同士の戦いに一変。立憲民主党は大島氏の引退を好機と捉え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録