和田誠さん幻のポスター 185点現存、公開へ

 1961年の「日活名画座」のポスター。上映作は「太陽がいっぱい」((c)Wada Makoto)
 1961年の「日活名画座」のポスター。上映作は「太陽がいっぱい」((c)Wada Makoto)
「週刊文春」の表紙などで知られ、一昨年に死去したイラストレーター和田誠さんが22歳から無償で約9年間、東京・新宿の「日活名画座」(閉館)のために名優らを描き、大半が散逸したと思われていた“幻のポスター”が、和田誠事務所(東京)に計185点現.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録