【貨物船座礁】「原状回復まで1年以上」 漁業者に落胆、困惑

八戸港沖で沈んだ状態となっている船尾側。原状回復に向けた作業の完了に1年以上かかる見通しだ=27日
八戸港沖で沈んだ状態となっている船尾側。原状回復に向けた作業の完了に1年以上かかる見通しだ=27日
1年も先なのか―。八戸港沖の貨物船座礁事故で、沈没した船尾側の撤去などの目安が来年10月との見通しが明らかになった27日、八戸近海に漁場を持つ漁業者に落胆や困惑が広がった。事故以降、定置網漁の準備を中断している八戸市内の八戸みなと、市川両漁.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録