【八戸市長選】市議会閉会で臨戦態勢突入 自民市議分裂、8対7と拮抗

八戸市議会定例会が閉会し、自民党勢力が分裂した市長選は各陣営が臨戦態勢に入った(写真はコラージュ。右は小林眞氏、中央は熊谷雄一氏。左は議場を後にする市議)
八戸市議会定例会が閉会し、自民党勢力が分裂した市長選は各陣営が臨戦態勢に入った(写真はコラージュ。右は小林眞氏、中央は熊谷雄一氏。左は議場を後にする市議)
任期満了に伴う八戸市長選(10月24日告示、同31日投開票)で、選挙前最後となる市議会定例会が27日に閉会し、各陣営は臨戦態勢に入った。立候補を予定するのは5選を目指す現職の小林眞氏(71)、自民党青森県議で新人の熊谷雄一氏(59)、同市の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録