傷害致死事件初公判、男が起訴内容認める 19年末、八戸の飲食店ビルで発生

2019年12月に八戸市六日町の飲食店ビルで同市長苗代、板金工の男性=当時(25)=をナイフで刺し死なせたとして、傷害致死と銃刀法違反の罪に問われた同市南類家1丁目、無職の被告男(25)の裁判員裁判初公判が27日、青森地裁(寺尾亮裁判長)で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録