三村知事、静観の姿勢 サイクル争点、自民総裁選巡り

核燃料サイクル政策が争点の一つに浮上している自民党総裁選を巡り、青森県の三村申吾知事は27日の県議会一般質問で「特定政党の総裁選で出ている話について、県知事の立場として私から申し上げることはない」として静観の姿勢を示した。知事が総裁選に言及.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録