ぬるぬるアユ、つかみ捕り 小軽米保育園で園児歓声

アユのつかみ捕りを楽しむ園児
アユのつかみ捕りを楽しむ園児
軽米町の西部九戸河川漁協(小笠原恒治組合長)は22日、同町の小軽米保育園(中村由季園長)でアユのつかみ捕り体験を行った。園児13人が参加し、いけすの中を勢いよく泳ぎ回るアユを両手で捕まえ、歓声を上げた。 同漁協は毎年春に、雪谷川などでアユの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録