東通村職員が酒気帯び運転 停職6カ月、依願退職

東通村は22日、40代の男性職員が道交法違反(酒気帯び運転)で摘発され、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は同日付で依願退職した。村によると、男性は7月22日午前4時45分ごろ、むつ市内で摘発され、免許停止90日の処分を受けた。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録