一部議員、個々の判断貫く 十和田市議会、パワハラ否決 会派のくくり左右されず

百条委の判断を覆し、パワハラがなかったと結論付けた十和田市議会。本会議では、会派に所属する一部の議員が、会派のくくりに左右されず、自身の考えを貫いたことが否決につながった。百条委ではパワハラ疑惑の市議と、受けたとされる市職員の双方が疑惑を否.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録