Free学校駐車場整備へCF 桔梗野小同窓会、費用捻出で試み 安全な登下校に向け

クラウドファンディングに挑戦する風穴雄亮さん
クラウドファンディングに挑戦する風穴雄亮さん

八戸市立桔梗野小同窓会が、児童の安全な登下校に向けてクラウドファンディング(CF)による寄付金の募集を始めた。同校駐車場の拡大や整備費用を捻出するためで、目標金額は260万円。担当者の風穴雄亮さん(38)は「全国の方々の力を借りたい」と話している。市教委によると、同窓会が学校施設の整備に向けてCFをするのは市内では初めてで、県内でも珍しいという。CFは10月30日まで。

 校舎裏の駐車場は細長い形状で、車同士が向かい合って駐車することが難しく、円滑な乗り降りが行えない。また、出入り口には高さ約1・5メートルの塀があり、見通しが悪い。同校の音喜多勧教頭は「出口が新たにできると安全性、利便性が向上するのではないか」と話す。

 CFで集めた資金は土地の購入や駐車場の整備などに充てる。土地を拡大することで、駐車場内の一方通行化が可能な上、出口と入口を分けることができる。車が出る際に、歩行者が見えにくいという問題を解消でき、児童や歩行者を守ることにつながる。

 協賛会を立ち上げ、寄付金を募る方法も検討したが、新型コロナウイルスの影響で直接会って寄付金の依頼、受け取りができないことや地元企業の経営も厳しいことが懸念されるため、CFの手段を選んだ。風穴さんは「子どもたちの安全な登下校に向け、全国に住んでいる卒業生にも協力してほしい」と語った。

 支援者には、金額に応じて同校70周年記念品のTシャツやコースター、缶バッチなどが贈られる。資金支援はCFサイト「READYFOR」から可能。

お気に入り登録