Free【ワクチン職域接種】八戸料飲組合など1回目実施

飲食店や宿泊業で働く従業員向けに始まった職域接種の会場=14日、八戸市
飲食店や宿泊業で働く従業員向けに始まった職域接種の会場=14日、八戸市

八戸市旅館ホテル協同組合(附田眞輔理事長)と八戸料飲組合(木村健一理事長)、長横町商店会(月舘裕二会長)は14日、八戸市のSGプラザ(旧新八温泉)で新型コロナウイルスの職域接種を行った。組合員やその家族ら約180人が1回目の接種を受けた。

 同市と関係機関で組織する実行委員会が実施する「八戸版新型コロナワクチン職域接種」の一環。使用したのは米モデルナ製で、10月中旬に2回目の接種を受ける予定だという。15、16日も組合員らが接種する。

 月舘会長は「飲食店などで働く従業員はもちろん、お客さんの安心にもつながる」と強調。木村理事長は「ワクチン接種が進み、早く日常に戻ってくれれば」と期待を寄せた。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録