「電力安定供給に寄与」 核燃サイクルの意義強調 電事連が見解

自民党総裁選への立候補を表明した河野太郎行政改革担当相が、核燃料サイクル政策の中止に言及したことを受け、電気事業連合会は14日、サイクルの政策的意義を改めて強調する見解を文書で発表した。「使用済み核燃料の保管、処理を進めていくことが(原発の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録