Free【トップインタビュー】顧客満足業に徹する/サンデー・川村暢朗社長

川村暢朗代表取締役社長
川村暢朗代表取締役社長

地元企業の人材確保や地元就職の促進に向けてデーリー東北新聞社が企画する「リクルートラウンジ」。経営トップのインタビューを配信する。12日はサンデー・川村暢朗代表取締役社長

 ―会社の現状や課題は。
 新型コロナウイルス禍で、お客さまの消費行動に変化が生じた。外出自粛や日常的なマスクの着用、外出時の移動距離などの変化に敏感に対応した商品の供給が必要と考える。DIY関連商品の売り上げは伸び、お客さま自身の技術も向上している。豊富な商品知識を持ち、きめ細かに対応する「コンサルティングセールス」のできる従業員を増やしたい。そのために、DIYアドバイザーや2級建築士などの資格を取得させている。

 ―経営理念は。
 お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する―を基本理念に掲げる。2030年までの中長期経営計画のキャッチフレーズは「提案します暮らしのヒント、応援します快適ライフ」。単なる小売業ではなく、顧客満足業になろうというのが根底にある。

 ―求める人材は。
 好奇心旺盛でチャレンジ精神のある人。企業にとって人は財産だ。あきらめずに教育し、自分で問題を発見して解決できる「人財」を育てたい。

 ―今後の事業展開は。
 コロナ禍でホームセンターはお客さまにあてにされる業態となり、マーケットは今後も拡大するだろう。
 今後は、商品をネットで注文すると営業時間外でも受け取れるロッカーの導入、デジタル技術を取り入れた新たな形のホームセンターのほか、商品の宅配などを手掛ける「SUN(サン)急便」のリフォーム事業の拡大などを考えている。目標を見定めながら現実を見つめ、グローバルとローカルの視点を持った「グローカル企業」を目指す。

 …………………………

 詳しい企業情報や企業説明会、動画メッセージなどの情報はこちら。
https://www.recruit-lounge.com/2022-01/com014-Sunday

お気に入り登録