日米同盟、対中で再転換も 同時テロ後に世界を意識

 日米同盟を巡る動き(写真なし)
 日米同盟を巡る動き(写真なし)
世界を震撼(しんかん)させた2001年9月11日の米中枢同時テロは、日米同盟の視野を東アジアから世界の安全保障に拡大する「転換点」(米専門家)になった。象徴となったのは、海上自衛隊によるインド洋での米軍艦船などへの給油活動だ。アフガニスタン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録