キャンペーンモデル終了へ 旭化成、PR戦略見直し

旭化成は3日、1976年から原則毎年選出してきた「旭化成グループキャンペーンモデル」の起用を来年3月末で終了すると発表した。事業の多角化を踏まえたPR戦略の見直しの一環と説明している。 キャンペーンモデルは同社が手掛ける繊維素材の水着発表会.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録