解散か任期満了か 揺れる首相、崖っぷち 政権内、強まる遠心力

 衆院解散や自民党総裁選を巡る発言(似顔 本間康司)
 衆院解散や自民党総裁選を巡る発言(似顔 本間康司)
菅義偉首相が今月中旬に衆院解散に踏み切って自民党総裁選を先送りするとの観測が一時広がり、党内に衝撃が走った。首相はひとまず否定し沈静化を図ったが、内閣支持率低迷で党内の目は冷たく、政権内の遠心力は強まる一方。任期満了の衆院選を選び、予定通り.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録