Free朝のニュースダイジェスト(8月29日)

【八戸市有施設、原則休館】
 八戸市は28日、一部を除く市有施設を9月30日まで休館する措置を決定した。28日から順次、各施設を原則として閉鎖、使用中止にする。市立小中学校は部活動を禁止とし、行事も中止、延期とする。

 【100人の感染確認】
 青森県は28日、県内で100人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新たに青森市の通所型障害者施設と、五所川原保健所管内の保育施設でクラスターが発生した。

 【むつで大規模接種】
 むつ市は28日、しもきた克雪ドームで、12~64歳の希望する市民に対する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種を開始した。初日は市民3713人が、ファイザー製ワクチンの接種を受けた。

 【天摩は出場せず】
 ゴールボール女子1次リーグ3戦目となる28日の米国戦、八戸市出身の天摩由貴主将は、控え選手でなく裏方としてベンチ入り。タイムアウトの場面では、控え選手に対して監督の指示を共有する役目を果たした。

 【サバ千トン超え】
 三沢沖や六ケ所沖などで操業した大中型巻き網船団の運搬船7隻が28日、サバ1252トンを八戸港に水揚げした。千トン超えは今季初。市場関係者は「今後に期待が持てる」と前向きに捉えた。

お気に入り登録