ドッグセラピーで高齢者に癒しを 齋藤さん(八戸)ボランティアで施設訪問

新型コロナウイルス感染症拡大以前に行われたセラピードッグとの交流イベント。利用者は犬と触れ合い自然と笑顔があふれていた=八戸市 
新型コロナウイルス感染症拡大以前に行われたセラピードッグとの交流イベント。利用者は犬と触れ合い自然と笑顔があふれていた=八戸市 
犬との触れ合いを通して認知症の高齢者らに癒やしを提供する「ドッグセラピー」に、ボランティアで取り組んでいる女性が八戸市にいる。同市の「ペットタクシーひまわり」の代表を務める齋藤ヒデ子さんは、25年以上にわたり市内の高齢者施設などで活動を続け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録