Free【トップインタビュー】県民の役に立つ情報を/青森朝日放送・相徳公正社長

 相徳公正代表取締役社長
 相徳公正代表取締役社長

地元企業の人材確保や地元就職の促進に向けてデーリー東北新聞社が企画する「リクルートラウンジ」。経営トップのインタビューを配信する。22日は青森朝日放送・相徳公正代表取締役社長。

 ―会社の理念は。
 今年10月に開局30周年を迎えることになり、多くの皆さまに感謝を申し上げたい。これからも表現の自由を大切にしながら公正と真実を求めることと、役立つ情報を通して地域の発展に貢献することを目指していく。インターネットが広く普及する中で報道機関として県民に信頼できる情報を提供する。テレビだけでなくイベント事業も含めて県民の役に立つ情報を届ける。

 ―社風は。
 「明るく真面目」を掲げている。失敗を恐れず、前向きに仕事に取り組む。そして、正確な情報を伝えていく。県内の人口減少が進む中、元気を発信したいという思いも込めている。

 ―現状と事業の展望は。
 現在、放送は通信との融合を進めるときを迎えており、対応が必要だ。そのため2021年4月に「コンテンツ事業部」を立ち上げた。現在は高校野球をはじめとしたスポーツのライブ配信やユーチューブ、スマートニュース等への配信、情報サイト「はぴぽ」の展開などに注力している。

 社員には放送を取り巻く変化に対応するために「チャレンジ精神を持つこと」「チームワークで進めること」をお願いしており、たとえ失敗してもみんなでもう一度、挑戦してほしいと思っている。

 ―求める人材は。
 会社は新たなニーズに応える状況にあり、挑戦が求められている。また収益を上げるためにはコンテンツの魅力が必要だ。凝り固まった考えではなく、コンテンツを作り、活用方法などを考えられるオールマイティーな社員を求めている。

 …………………………

 詳しい企業情報や企業説明会、動画メッセージなどの情報はこちら。
https://www.recruit-lounge.com/2022-01/com003-AomoriAsahi

お気に入り登録