父親のうつ病にも支援を 十和田発のスクリーニングシステム構築へ

赤ちゃん訪問をする十和田市子育て世代親子支援センターの保健師(右)。最近では休暇を取って同席する父親も多いという=今月上旬、市内 
赤ちゃん訪問をする十和田市子育て世代親子支援センターの保健師(右)。最近では休暇を取って同席する父親も多いという=今月上旬、市内 
周産期うつ病は、妊娠期から産後1年間に生じる女性の精神疾患として知られる。最近では、パートナーの男性も1割程度がうつ状態になることが明らかになってきているが、父親への支援の視点が欠けているのが現状だ。そこで、十和田市立中央病院メンタルヘルス.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録