【周産期うつ病】「男性もSOS出して」 徳満医師、支援の必要性強調

父親の周産期うつ病に注意を促す徳満敬大医師
父親の周産期うつ病に注意を促す徳満敬大医師
男性の周産期うつ病について、十和田市立中央病院メンタルヘルス科の徳満敬大医師は、理想の父親像を巡る男性自身の葛藤や、母子のサポート役として周囲に求められるプレッシャー、経済的な問題などが背景にあると説明。「母親と同様、出産は父親も大きな環境.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録