10年伸ばした髪「誰かの助けに」 高森さん(長者小5年)が寄贈

生まれてから伸ばし続けていた髪を寄付した高森美妃さん
生まれてから伸ばし続けていた髪を寄付した高森美妃さん
八戸市立長者小5年の高森美妃さん(10)がこのほど、病気や事故などで髪を失った子どもに医療用ウィッグを贈るため、自身の髪の毛を寄贈する「ヘアドネーション」に協力した。これまで一度も髪を切ったことがなかった高森さんは、腰あたりまで伸ばした髪を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録