Free【トップインタビュー】業界初を目指し続ける/プライフーズ・藤井伸一社長

藤井伸一代表取締役社長上席執行役員
藤井伸一代表取締役社長上席執行役員

地元企業の人材確保や地元就職の促進に向けてデーリー東北新聞社が企画する「リクルートラウンジ」。プライフーズ・藤井伸一代表取締役社長上席執行役員のインタビューを配信する。

 ―経営理念は。
 業界初を目指し続ける先駆者として、失敗を恐れずに挑戦する。鶏肉の生産・販売などを手掛けており、食品を届ける上で安全安心は1丁目1番地。そのためには真面目に取り組む姿勢が必要だ。

 ―会社の現状と課題は。
 昨期は新型コロナウイルスによる巣ごもり需要で実質、過去最高益を上げることができた。中長期での課題は人手不足。必要に応じてロボット導入し、省人化を進めたい。

 ―今後の事業展開は。
 老朽化した設備へ更新投資をする。例えば農場を新しくする際に効率を上げる建て方などをして規模拡大を図る。また、親会社の三井物産の依頼で、ここ2年程度、市場拡大が見込まれる北アフリカ・モロッコで技術指導をしている。それを続けながら、今年は一歩突っ込んだ展開を考えており、これを進めるとなれば大きな挑戦となるだろう。

 ―人材育成の取り組みは。
 まずは食品製造の基礎となる品質管理を学んでいただく。今期から新たに導入した目標管理システムや問題解決方法などを学ぶ研修もある。

 ―どのような人材を求める。
 当社のバリューズ(社員の行動指針、価値観)を体現できる人材。真面目さや誠実さを感じさせる人、情熱にあふれる人、ユニークで創意工夫ができる人も大歓迎だ。

 ―ウィズコロナを見据えた経営戦略は。
 拡大した内食需要に引き続き応える。都市部ではテレワークが浸透したが、われわれは現場が主体であることは変わらない。その前提に立って、疫病やけがなどから社員を守っていかなければならない。

 …………………………

 詳しい企業情報や企業説明会、動画メッセージなどの情報はこちら。
https://www.recruit-lounge.com/2022-01/com028-PriFoods

お気に入り登録