【県内大雨被災】越水せず「浸透崩壊」か 高瀬川の堤防決壊

高瀬川の堤防が大雨で決壊し、写真左側の水田地帯に水が流れ込んだ=10日午後4時ごろ(青森県提供)
高瀬川の堤防が大雨で決壊し、写真左側の水田地帯に水が流れ込んだ=10日午後4時ごろ(青森県提供)
青森県は20日の県議会建設常任委員会で、大雨で高瀬川の堤防が決壊した原因について、水位の高い状態が続き堤防に水が浸透することで崩れる「浸透崩壊」が発生したとの見方を示した。一般的に決壊は河川の水が堤防を越えて発生するケースが多く、県は「珍し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録