時評(8月21日)

自民党内で菅義偉首相が総裁任期を迎える来月末を前に、総裁選への動きが激しくなってきた。菅首相は既に立候補を表明している。昨年、菅首相誕生に主導的役割を果たした二階俊博幹事長は「今、(首相を)代える意義は見つからない」と強調。党内最大派閥・細.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録